梅雨でも洗濯物を乾かすための生活で気を付ける事

ご高齢の方と一緒に暮らす場合は、廊下と各部屋の段差を無くすほか、手すりを取り付けることもポイントです。

手すりを設置して高齢者に安全な生活環境を

梅雨でも洗濯物を乾かすための生活で気を付ける事 ご高齢の方と一緒に暮らす場合は、廊下と各部屋の段差を無くすほか、手すりを取り付けることもポイントです。先ず段差の解消ですが、これはスロープ状にすることで手軽に解消できます。そして、手すりは大小様々な物が売られていますから、設置する場所に合わせて最適な手すりを用意します。また、防水タイプもありますので、浴室や洗面所に取り付ける時は、防水タイプの手すりを選びましょう。手すりの取り付けは壁に穴を開けますから、自前で設置する際は電動ドリルなども必要になります。手すりには大抵取り付け用のネジが同梱されていますから、そのサイズに合った直径のドリル刃を用意することが肝心です。

壁に手すりを取り付ける時は、必ず壁内の柱などの部分に取り付けます。石膏ボードだけの部分では強度不足ですから、手すりとしては危険です。そこで、下地センサーを用意すると便利です。これで壁の中の柱などを探せますので、適切に手すりを設置できます。ただし水道管などのライフラインの管と誤認する可能性もありますから、その心配がある時は、リフォーム業者などに依頼することが賢明です。一緒に暮らすご高齢の方に安全な生活をしてもらうためにも、手すりは各所に取り付けることが理想的です。

お勧めのサイト

Copyright (C)2019梅雨でも洗濯物を乾かすための生活で気を付ける事.All rights reserved.